Somali Home Pageは、なかなか更新することが出来ません。新しい情報はこちらをご覧下さい。
by morethanpa
カテゴリ
全体
動物愛護管理法
繁殖
病気・健康
意見・思い
以前の記事
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
リンクなど
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


愛すべきソマリを守るために
私の家の猫達を診てもらっている獣医さんはノルウェージャン・フォレストキャットを飼っています。女の子だそうで「交配をして欲しいのだけれど、誰か知っている人はいない?」と聞かれました。「ブリーダーさんでしたら、聞けばいると思いますよ。」と話したら「イヤそれはちょっと・・・」

話を聞いてみると獣医さんが言うには、ブリーダーさんは病気があるので、そこへは連れて行きたくないとの事なのでした。出来れば普通に自宅で1〜2頭程度で可愛がって飼われている子を捜しているとの事。
何が言いたいかというと、ブリーダーさんは沢山の猫を飼っているので、コロナウィルスなどが蔓延していて、感染する可能性があるとその獣医さんは言っているのです。

自分も昔はブリーダーの端くれだったので「そんな事は無いですよ」と言いたいのだが、キャットショーのために繁殖をしているブリーダーさんは、飼っている頭数が多過ぎてかなり怪しいのだ。かならずしも全てのブリーダーさんがそうだと言うわけでは無いのだが、何十頭もいて、果たして愛情を持って可愛がり、健康の管理を行き届かせることが出来るのだろうか?せいぜい5〜6頭が限度だろうと個人的には思います。


ところで、譲ってもらったソマリが、もし病気だったら?
からだの何処かに異常を示す兆候があったら?
それだけで飼い主さんはとても不安ですよね。

文句を言うつもりでは無く、病気をブリーダーさんに報告したら「うちにはそんな病気はありません」とか「そんな事を言うのだったら返却してください。」などと言われる事もあるそうです。心配で相談をしたかっただけなのに・・・。





問題のあるブリーダー報告のお願い


まず、勘違いをして欲しくないのですが、真面目に取り組んでいるブリーダーさんを非難する意図はありません。問題のあるブリーダーさんがいるという事実があり、それにより困っている飼い主さんを少しでも助けてあげる事が出来たらと考えて、このような方法を取ることとした次第です。飼い主さんの事を考え、きちんと病気などに向き合い、健康で性格の良いソマリをブリーディングしてもらう。それが目的です。それが、真面目に取り組んでいるブリーダーさんにも良いことだと考えています。

問題のあるブリーダーさんがいたら報告をしてもらいたいのですが、それは必ず本人がしてください。誰々から聞いたとか、知り合いが、などという場合は参考にしません。なぜなら、誹謗中傷などを行おうとする人がいるかもしれませんので。
それと申し訳ありませんが、報告など、このブログに記載されている事柄に関してはソマリだけに限定させてください。私も忙しい身なので、すべての猫ちゃんに対応することが出来ません。もし、志のある方がいらっしゃいましたら、同じようにサイトを立ち上げていただけますようお願いいたします。


譲ってもらった猫が病気だったりした場合で、ブリーダーさんがその状態を真摯に受け止め、適切な対応を行ってくれない場合、ブリーダーさんに気兼ねしないで私にご連絡をください。病気などの場合は、オーナーさんの家に来てから疾病にかかった場合もありますので、一概にブリーダーさんに責任があるとは言い切れないケースがあります。私も以前、獣医へ行って病気をうつされたという方のお話を聞いています。しかし、同じブリーダーさんから譲ってもらった人が、それぞれ別々に私に報告をくれる事により、同じ疾病の場合は、そのブリーダーさんを疑う事が可能となります。ですから、こんな病気になったなど、譲ってもらった初期の頃は、何かあったら逐次報告をしてもらえると助かります。


そして伝染性の病気でなく、遺伝的な問題も報告をお願いします。たとえば、足の関節の問題や尾が曲がっているなど。
ブリーダーさんによっては、自分の所の問題点(病気や奇形など)を隠蔽する体質があります。もし、何か遺伝的な病気があった場合、公表する事により、何件もの病院へ検査などに行って大変な思いをしている飼い主さんを助ける事になります。また、ソマリ固有の疾病や遺伝病などを発見出来るかもしれません。そんな事になったらソマリの評判が下がってしまうという考えを持った人がいますが、ブリーダーや飼い主さんが正しい情報を入手し、それに対して前向きに取り組むことにより、そのような疾病や遺伝病を克服することが、ソマリの明るい未来に寄与すると信じています。
[PR]
by morethanpa | 2007-02-19 09:09 | 意見・思い
<< インターネット上における動物取... 動物愛護管理法における動物取扱... >>