Somali Home Pageは、なかなか更新することが出来ません。新しい情報はこちらをご覧下さい。
by morethanpa
カテゴリ
全体
動物愛護管理法
繁殖
病気・健康
意見・思い
以前の記事
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
リンクなど
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブリーダーと繁殖者
私もよく使う言葉だが、ブリーダーと繁殖者の違いについて。
動物愛護管理法が法律で定められた関係で、継続的に猫を繁殖している場合、動物取扱業を申請し営業許可をもらわなければならない。つまり業者なのだ。「私はタイプの改良のためにブリーディングを行っています。」と表明を行っていても、業者である事に変わりは無い。キャットショーに出しているからと言って、乱繁殖・問題繁殖を行っているショーブリーダーもいるので、ショーに出している、出していないでは判断ができません。

では何を持ってブリーダーと繁殖者を分けるのか?




真の意味での繁殖者は、小遣い稼ぎを含め、それで生計を立てているかという事でしょう。繁殖した子をペットショップやネットで販売し、それで生計を立てている人や組織。
この場合「ペットショップでの生体販売は禁止が良い」でも書いたように、販売して利益を得なければならないので、効率を求めます。ショップでも個人でも同じ事です。効率を求めるのならキャットショーに出してなんかいられません。

では一般の家庭で、男の子1頭、女の子1〜2頭の猫を飼い、こぢんまりと繁殖を行っている場合は、どうなるのでしょう。これは「子猫を産ませたいと思っている人へ」でも書きましたように、ソマリとして、猫としての最低限のレベルに達していると判断する必要があると思います。しかし、そのような堅苦しい事ばかりを言っていても現実とかけ離れていってしまう事となります。少なくともソマリを見ることの出来る人物が、大人になったソマリを見て判断したりすれば、ある程度は良いのではないでしょうか。


お金をもらっているのであれば、その子の健康や成長に責任があります。(無料ならば良いと言っているわけではありません。)
キャットショーに出さず繁殖を行っている人でも、真面目に責任をもって飼い主さんに譲っている人もいます。健康に気を使い、数頭しか飼っていないので、愛情を沢山注いで育てています。

キャットショーに出し「ソマリのタイプ改良のためにブリーディングを行っています。」というブリーダーさんであっても、病気が蔓延していたり、キャットショーに出している子以外は手入れが行き届いていなかったりする場合もあります。
キャットショーで良い成績を取りたいがために、親子掛けなどのインブリーディングを行っているショーブリーダーさんもいます。ペットを飼ってはいけない家でブリーディングを行っているため、人に知られないようにするため、雨戸やカーテンを開けることも無く、日の光を入れていないというブリーダーさんもいるくらいです。そのようなブリーダーと一般家庭で愛情を注いでソマリの子猫を産ませている人からでは、どちらの子猫を譲ってもらいたいと考えますか?
[PR]
by morethanpa | 2007-02-05 17:57 | 繁殖
<< 動物愛護管理法における動物取扱... キャットショー中心から動物愛護... >>