Somali Home Pageは、なかなか更新することが出来ません。新しい情報はこちらをご覧下さい。
by morethanpa
カテゴリ
全体
動物愛護管理法
繁殖
病気・健康
意見・思い
以前の記事
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
リンクなど
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ペットショップでの生体販売は禁止が良い
こんな事を書くと沢山の反発を食らってしまいそうですが、ペットショップはおもちゃとか餌とかトイレとかキャリーバッグとかを販売する場所にしたら良いと私は思っています。

あるブリーダーさんから聞いた話。

ソマリの子猫が産まれて、もし奇形の子が出たら、安く譲って欲しいとペットショップが言ってきたそうです。奇形だったら売ることは出来ないのに、なぜ欲しがる?話を聞いてみるとペットの市場(いちば)に出すそうです。そして、その子を買った繁殖者が、その子を使って繁殖して、また市場(いちば)に出すそうです。奇形であれば安い。そしてその子を繁殖に使えば安いコストで繁殖が出来るからだと。生まれる子が全部奇形になるわけでは無いので、率が良いのだそうです。奇形の子はすぐに処分してしまうので、問題ないと言われたそうです。私は、あまりの酷さに言葉を失いました。



ペット産業は1兆円以上の産業だそうですが、私はペットショップが生きている子を売り買いすることには反対です。なぜか?ペットショップは企業です。利潤を追求するのが目的です。「可愛いから飼ってもらいたくて」販売している訳ではありません。利潤を追求するとはどういう事か。効率よく生き物を繁殖して販売しなければ企業として落第なのです。安く仕入れ、安い餌で短期間に沢山の子どもを産ませて、なるべく早く売りさばく。生きて行く事が出来れば生まれて1ヶ月ででも譲った方がえさ代もかからないので良い訳です。病気になって子どもが産めなくなれば処分した方が、獣医にかかって治療するよりも良いのです。つまり効率を求められる企業と生き物を産ませて売るという行為は本来馴染まなと私は考えます。

これは生体を販売しているだけで、繁殖を行っているのは、契約繁殖をされているブリーダーさんの場合も同様です。

ペットショップで、犬猫を販売することがなくなったら、見て飼うことが出来ないと思っている人がいますが、見ることが無ければ欲しいと思わない。それで良いのではないでしょうか。購買意欲をかき立てるような販売は無理に行わなくても良いのでは?海外の犬や猫の生体販売を調べてみるのも良いのかもしれませんが、日本はヨーロッパなどに較べて繁殖者も飼い主もかなり意識が低いように思います。
飼い主さんの意識を上げるという事では動物病院診療日記のぽこ先生が提案されているペットオーナー・ライセンス制度のような考え方を日本も今後導入するのが良いかもしれません。



2007年3月8日追記
井本動物病院の井本史夫先生のお話を聞くことが出来ました。そのなかで「動物を見る目」の変化についてという事に感心しました。

むかし、犬は外で番犬、猫は外で自由にねずみ取りという使役を担っていました。その時はあくまでも使役のために犬猫がいて、死んだら代わりの子をもらってくれば事が足りるという状況であったと。それがペットと言われるようになり、今は家族であり、パートナーに変わったのだと。

ペットショップなどはペットは産業であり、時代の変化についていけないような所が多く、代わりは幾らでもいると考えています。死んだら代わりの猫を飼ってくださいと。しかし、飼い主さんにとっては、家族なのです。家族に代わりはいません。その事に気がついていないペットショップは、飼い主さんとの意識のズレが元で係争になってしまうのだと。
[PR]
by morethanpa | 2007-01-04 12:00 | 意見・思い
<< コロナウィルスの検査機関の説明